FAQ

図脳CADシリーズに関するよくあるご質問のQ&Aや、便利な使い方をご覧いただけます。
NEW

部品(グループ)の個数の集計を行うには

[グループ属性積算]コマンドを使用することで、属性を付加してグループ化した図形の個数を集計してCSVファイルを作成することができます。 ●グループ属性項目を設定します [設定]-[属性書式設定]コマンドをクリックします。 …

補助線の長さを指定するには

初期設定では補助線は無限補助線として作成されますが、長さを制限することも可能です。補助線の長さを、作図している図形に見合うよう制限すると、補助線の計算精度を落とさずに作図することができます。 ①指定した長さで補助線を作成 …

ブロック機能で部品を登録/配置する方法

図面に同一形状の部品を複数個配置して、配置後に修正や別部品へ置換が必要になる場合、 ブロック機能で部品を配置しておくことで、一括で編集/置換ができます。   【ブロックとは】  ブロックとは、複数の図形(線分、円、文字な …

ブロック機能で同一部品を一括編集/置換する方法

図面に同一形状の部品を複数個配置して、配置後に修正や別部品へ置換が必要になる場合、 ブロック機能で部品を配置しておくことで、一括で編集/置換ができます。   ブロックを一括編集、置換する手順は以下の通りです。 ※事前にブ …

[文字列]欄以外の場所にマウスカーソルがある状態でマウスホイールを回転しても文字入力履歴が切替わらない時の対処法

[文字]や[引出線]コマンドの[文字列]欄に文字入力履歴がある場合、任意の場所にマウスカーソルを置いた 状態でマウスホイールを回転させると、入力履歴を切替えることができます。 ※詳しくは「関連Q&A」を参照してく …

図形の中心点を通過する補助線を描く方法 サンプル①         長方形の中心点:中点(一時)サーチを使う場合

1.[補助]-[十字補助線]コマンドをクリックします。 2.[サーチ]ツールバーの[中点(一時)]を押して長方形の長辺をクリックします。 3.[サーチ]ツールバーの[中点(一時)]を押して長方形の短辺をクリックします。 …

図形の中心点を通過する補助線を描く方法 サンプル③         長方形の中心点:右クリックメニュー 2点間中心入力を使う場合

  1.[補助]-[十字補助線]コマンドをクリックします。 2.右クリックメニュー-[2点間中心入力]を選択します。 3.長方形の角をクリックします。 4.対角点をクリックします。 5.長方形の中心点を通過する補助線が作 …

図形の中心点を通過する補助線を描く方法 サンプル④         長方形の中心点:[中心補助線]コマンドを使う場合

1.[補助]-[中心補助線]コマンドをクリックします。 2.長方形の長辺の1点目と2点目をクリックします。 3.長方形の短辺の1点目と2点目をクリックします。 4.長方形の中心点を通過する補助線が作図できました。 …