FAQ

図面間複写したり図面枠記入したりすると文字の見た目の大きさが変わる

[ファイル]-[ファイル入力]-[AutoCAD形式]コマンドでAutoCAD形式(DWG/DXF形式)の図面を開くときに[入力:AutoCAD形式]ダイアログボックスで[図形要素設定]タブの[文字の変換]欄で[AutoCAD文字表示モードを使用する]を選択すると、開いた図面は「AutoCAD文字表示」が有効になります。

一方、図脳RAPIDPROで[ファイル]-[新規作成]コマンドで新規に図面を開いて作図した場合は、「AutoCAD文字表示」は無効になっています。

「AutoCAD文字表示」が有効の場合、文字の見た目をAutoCAD上での見た目に近づけるため、文字が全体的に大きく表示されます。そのため、両者で図面間複写したり、図面枠記入したりすると、文字の見た目の大きさが変わる場合があります。この場合は、「AutoCAD文字表示」を無効にしてください。

「AutoCAD文字表示」が有効の場合
「AutoCAD文字表示」が無効の場合
  1. [表示]-[表示設定]コマンドをクリックします。
  2. [表示設定]ダイアログボックスが表示されます。[オプション(表示1)]タブをクリックします。
  3. [初期値保存対象外]欄の[AutoCAD文字表示]のチェックを外します。
  4. [了解]ボタンを押します。
  • [ツール]-[ツール設定]コマンドの[コマンド]タブの[その他]に[AutoCAD文字表示]があります。これをドラッグ&ドロップでツールバー上に配置すると、アイコンから設定の切り替えができます。

この情報は役に立ちましたか?

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
評価: 1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5 5.00
閲覧数:
公開日: 2020年12月11日