FAQ

Windows10に自動更新されたコンピュータで図脳RAPIDPRO/図脳RAPIDが起動できない

図脳RAPIDPRO/図脳RAPIDのライセンス認証はコンピュータの内部情報をもとに行っており、Windows10への自動更新によりWindowsOSが図脳RAPIDPRO/図脳RAPIDインストール時と異なる状態になった場合、ライセンス認証でエラーが発生します。

 

■図脳RAPID18シリーズ以上の場合
図脳RAPID18シリーズ(Ver.18.03)以上はWindows10へ対応しております。

ライセンス認証で下記エラーが発生した場合は、[不具合修正ツール]の「ライセンスエラー対処ツール(1210/1211/1218)」を実行してください。

  • ライセンス発行に失敗しました。サービス情報ファイルの操作中にエラーが発生しました。暗号化ソフトによる暗号化対象外もしくはセキュリティソフトの監視対象外にする事で解消される場合があります。(1210)エラー5が発生しました
  • ライセンス発行に失敗しました。不明なエラー1211が発生しました
  • ライセンスの認証に失敗しました。不明なエラー1218が発生しました

[不具合修正ツール]はこちら>>

ツール実行後もエラーが解消されない場合は、オンライン認証実行時のエラーメッセージを控えていただき、CADサポートセンターまでお問い合わせください

 

■図脳RAPID17シリーズ以下の場合
図脳RAPID17シリーズ以下はWindows10へ対応しておりません。

Windows10で図脳RAPIDPRO/図脳RAPIDをご使用いただく場合は、最新バージョンへのバージョンアップが必要となります。

製品のバージョンアップはこちら(オンラインショッピング)>>

この情報は役に立ちましたか?

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
評価: 0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 0.00
閲覧数:
公開日: 2016年05月27日