FAQ

グループ編集の有効/無効設定を一時切替にするには

対象製品

図脳RAPIDPRO21では、現在のグループ編集の有効/無効設定を、1回の選択操作に限り、逆の状態にするコマンドを追加しました。

  • グループ編集が有効であれば無効に、グループ編集が無効であれば有効にします。
  • 現在のグループ編集の有効/無効設定は、[編集]-[グループ]-[グループ編集]コマンド(または[設定]-[グループ設定]コマンドの[グループ編集])で指定します。

この機能を使用するには、あらかじめ[環境設定]コマンドで設定が必要です。

  1. [設定]-[環境設定]コマンドをクリックします。
  2. [環境設定]ダイアログボックスが表示されます。左側の[設定項目]の[操作]をクリックします。
  3. 右側の[グループ編集]欄の[図形選択中にグループ編集のON/OFFを許可する]にチェックを付けます。
  4. [了解]ボタンを押します。

[図形移動]コマンドでの操作例(グループ編集が有効な場合で、一時的に無効にする場合):

  1. [編集]-[図形編集]-[図形移動]コマンドをクリックします。
  2. [編集]-[グループ]-[グループ編集一時切替]コマンドをクリックします。
  3. 図形を選択すると、一時的にグループ編集が無効になるので、グループ化した図形の一部を個別に選択できます。選択を完了します。
  4. 移動基準点を指示します。
  5. 移動先の点を指示します。
  6. 回転方向点または角度の指示がある場合で、そのままの角度で配置する場合は[Enter]キーを押します。

続けて図形を選択すると、グループ編集が有効に戻るので、グループ化した図形をまとめて1要素として選択できます。

この情報は役に立ちましたか?

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...
評価: 1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5 5.00
閲覧数:
公開日: 2022年01月25日