FAQ

角度補助線コマンドで角度を指示できない

対象製品

希望の入力ができない場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら[↑]キーまたは[↓]キーを押して、入力する値の種類を切り替えます。

  1. [補助]-[角度補助線]コマンドをクリックします。
  2. 基準点を指示します。
  3. メッセージバーに[通過点を指示してください]と表示され、角度を指定できない場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら[↑]キーまたは[↓]キーを押します。【図-1】
  4. メッセージバーに[通過点又は、角度を指示してください]と表示され、角度を指示できるようになります。【図-2】
    ・切り替わらない場合は、キーボードの[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながら[↑]キーまたは[↓]キーを押します。この切り替えの設定は[設定]-[環境設定]コマンドの[操作]-[ダイナミックガイド]の[入力切替キー]欄で行うことができます。

図脳RAPIDPRO17以前と同じ挙動にしたい場合は、次の設定を行います。

  1. [設定]-[環境設定]コマンドをクリックします。
  2. 画面左側の[設定項目]欄の[操作]-[ダイナミックガイド]をクリックします。画面右側の[ダイナミックガイドを有効にする]のチェックを外して[了解]ボタンを押します。【図-3】

画像一覧

【図-1】
【図-2】
【図-3】

この情報は役に立ちましたか?

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
評価: 0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 0.00
閲覧数:
公開日: 2015年02月02日