操作画面

操作画面

①リボン

図脳CAD3Dでは、リボンを採用しています。
コマンドのジャンルによってタブが分かれていますので、必要に応じてタブを切り替えます。
左上の【ファイル】より、保存や印刷を行うファイルメニューが表示できます。


②ファイルタブ

現在開いているファイルは、3Dビューの上部にタブとして表示されます。
アクティブなタブは、ファイル名の横に表示される×ボタンから閉じることができます。


③視点変更

画面右下には、マウスオーバーすることで表示される、視点変更のためのアイコンがあります。
各アイコン、立方体の対応する面をクリックすることで、3Dビューを指定した方向から見えるように表示を変更します。


④ツリー

ツリー操作について


⑤ステータスバー

画面下のステータスバーには現在実行している機能の情報や、頻繁に切り替える必要があるコマンドが表示されています。

■コマンド履歴

使用したコマンドが最大10個まで順に配置されます。

■座標

現在のマウスカーソルがサーチしている位置の座標が表示されます。

■サーチアイコン


サーチの設定を切り替えることができます。

■作図補助

 自動接合のON/OFFを切り替えます
 補助線のON/OFFを切り替えます

 


⑥作業平面

3Dビューには、アクティブな作業平面(グリッド)が表示されます。
【設定】-【グリッド】よりマス目の数や大きさ、グリッドの色を変更できます。

作業平面の操作について

 


⑦コマンド情報

現在使用しているコマンド名、メッセージを表示します。

コマンド実行中は、右側に表示される×ボタンでコマンドを終了することができます。


⑧クイックアクセスツールバー

よく使用するコマンドへのショートカットを登録できます。

リボン上のコマンドを右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックします。