ツリー

ツリー

概要

3Dビューの左上には、ファイルの構造を表示するためのツリーが表示されます。
表示される各要素をツリー上から直接編集対象とすることができます。

 

■ アクティブ・・・アクティブな要素は、下記のようにハイライトされます。ツリーをダブルクリックすることで、アクティブ要素を変更できます。

操作中、アクティブになっている要素が何かによって使用できるコマンドが変化します。

■選択・・・選択中の要素は、下記のようにハイライトされます。ツリーをクリックすることで、要素を選択できます。

■ 表示/非表示・・・各要素の表示アイコン、または右クリックメニューより切り替えることができ、非表示の要素はツリーの項目が半透明になります。

■ 選択ロック・・・選択ロックアイコンをクリックすることで、要素を選択の対象から外します。

■ 部品名・・・ツリーに表示されるパート/アセンブリの名前(括弧より左側)は、保存したファイル名とリンクしています。変更する場合はファイル名を変更してください。

■ インスタンス・・・パート/アセンブリの名前右側には(○○.□□)といったようにインスタンス状態を表す文字が表示されます。
アセンブリ上でアセンブリやパートを複写した場合に、同じ形状をツリー上から複数回参照しビュー上に表示する状態になります。このとき、ツリー上の名前は同じですが、インスタンス名の部分に個別の名前が割り当てられます。
【例】
Part1(Part1.1)
Part1(Part1.2) *Part1のインスタンス

同じ形状を参照しているため、インスタンスになっている要素は、操作が全て自身のインスタンス形状に対して適用されます。
(上記の[Part1(Part1.2)]に変更を加えれば、[Part1(Part1.1)]にも同様の変更が適用されます)
インスタンスの操作について


表示される要素

  • アセンブリ・・・アセンブリモードで使用できます。アセンブリの子としてアセンブリを挿入することもできます。⇒アセンブリモードについて
  • パート・・・基本の部品単位となる入れ物です。⇒パートモードについて
  • XY/YZ/XZ PLANE・・・パートの子として自動的に挿入される、パートの原点を示す要素です。
  • グループ・・・パートの子としてのみ挿入できる、以下の要素の入れ物です。
  • ボディ/ワイヤ/サーフェス/点・・・作図された形状です。ダブルクリックすることでジャイロを対象形状に表示できます。
  • 作業平面・・・作図の基準となる平面です。常に1つだけビュー上に表示できます。
  • 表示・・・クリックすることで要素の表示/非表示を切り替えます。表示状態は各ファイルに保存されます。
  • 選択ロック・・・クリックすることで要素の選択可否を切り替えます。
  • カメラ・・・視点保存コマンドで作成されます。ダブルクリックすることで保存した視点を呼び出します。
  • 「+」「-」ボタン ・・・クリックすることでツリーを展開/格納します。


操作

各要素を右クリックすることで、対応する操作ができます。

アセンブリ(ルート)
  • 新規アセンブリ追加・・・選択したアセンブリの子にアセンブリを追加します。
  • 新規パート追加・・・選択したアセンブリの子にパートを追加します。
  • 視点保存・・・現在の視点をツリーに保存します。
  • アクティブ化・・・指示した階層をアクティブにします。
  • 部品配置・・・外部の部品をアセンブリの子に読み込みます。
  • リリンク・・・リンク切れなどで見つからない場合に再設定します。
  • アセンブリ表示設定・・・アセンブリに対して表示設定コマンドを実行します。
  • ボディ全表示・・・すべての子の要素を表示します。
  • ボディ全非表示・・・すべての子の要素を非表示にします。
  • ボディ色設定・・・すべての子のボディの色を変更します。
  • ボディ透過設定・・・すべての子のボディの透過を変更します。
  • 子供を全展開・・・下の階層を展開し表示します。
  • 子供を1階層展開・・・下の階層を1階層のみ全て展開します。
  • 子供を2階層展開・・・下の階層を2階層目まで全て展開します。
  • パートまで展開・・・パートまですべての階層を展開します。
  • 子供を全格納・・・下の階層を格納します。
  • 名称変更・・・名称変更コマンドを実行します。
  • 表示アイコン・・・表示アイコンの表示/非表示を切り替えます。
  • 選択ロックアイコン・・・選択ロックアイコンの表示/非表示を切り替えます。
アセンブリ(2階層以下)
  • 移動・・・選択したアセンブリに対し移動コマンドを実行します。
  • ジャイロ移動・・・ジャイロを使用し、アセンブリを移動します。
    ジャイロについて
  • 複写・・・選択したアセンブリに対し複写コマンドを実行します。
  • インスタンス解除・・・選択したアセンブリに対しインスタンス解除コマンドを実行します。
  • 別タブで編集・・・選択したアセンブリファイルを別ファイルで開きます。
  • 新規アセンブリ追加・・・選択したアセンブリの子にアセンブリを追加します。
  • 新規パート追加・・・選択したアセンブリの子にパートを追加します。
  • アクティブ化・・・指定要素をアクティブ化します。
  • 部品配置・・・外部の部品をアセンブリの子に読み込みます。
  • 置換・・・選択したアセンブリに対し置換コマンドを実行します。
  • リリンク・・・リンク切れなどで見つからない場合に再設定します。
  • 削除・・・選択したアセンブリをツリーから削除します。
  • アセンブリ表示設定・・・アセンブリに対して表示設定コマンドを実行します。
  • ボディ全表示・・・すべての子の要素を表示します。
  • ボディ全非表示・・・すべての子の要素を非表示にします。
  • 他グループ全非表示・・・指定したグループ以外の要素を非表示にします。
  • ボディ色設定・・・すべての子のボディの色を変更します。
  • ボディ透過設定・・・すべての子のボディの透過を変更します。
  • 子供を全展開・・・下の階層を展開し表示します。
  • 子供を1階層展開・・・下の階層を1階層のみ全て展開します。
  • 子供を2階層展開・・・下の階層を2階層目まで全て展開します。
  • パートまで展開・・・パートまですべての階層を展開します。
  • 子供を全格納・・・下の階層を格納します。
  • 名称変更・・・名称変更コマンドを実行します。
  • プロパティ・・・指定した要素のプロパティを表示します。
パート(アセンブリモード時)
  • 移動・・・選択したパートに対し移動コマンドを実行します。
  • ジャイロ移動・・・ジャイロを使用し、パートを移動します。
    ジャイロについて
  • 複写・・・選択したパートに対し複写コマンドを実行します。
  • インスタンス解除・・・選択したパートに対しインスタンス解除コマンドを実行します。
  • 別タブで編集・・・選択したパートファイルを別ファイルで開きます。
  • 新規グループ追加・・・パートにグループを追加します。
  • アクティブ化・・・指定要素をアクティブ化します。
  • 置換・・・選択したアセンブリに対し置換コマンドを実行します。
  • 削除・・・選択したアセンブリをツリーから削除します。
  • パート表示設定・・・パートに対して表示設定コマンドを実行します。
  • ボディ全表示・・・パートに所属するボディを表示します。
  • ボディ全非表示・・・パートに所属するボディを非表示にします。
  • ボディ色設定・・・パートに所属するボディの色を変更します。
  • ボディ透過設定・・・パートに所属するボディの透過を変更します。
  • 子供を全展開・・・下の階層を展開し表示します。
  • 子供を1階層展開・・・下の階層を1階層のみ全て展開します。
  • 子供を2階層展開・・・下の階層を2階層目まで全て展開します。
  • 子供を全格納・・・下の階層を格納します。
  • 名称変更・・・名称変更コマンドを実行します。
  • プロパティ・・・指定した要素のプロパティを表示します。
パート(パートモード時)
  • 視点保存・・・現在の視点をツリーに保存します。
  • ボディ一括保存・・・所属するボディを全て個別のパートファイルとして保存します。
  • 新規グループ追加・・・空のグループを追加します。
  • パート表示設定・・・パートに対して表示設定コマンドを実行します。
  • ボディ全表示・・・パートに所属するボディを表示します。
  • ボディ全非表示・・・パートに所属するボディを非表示にします。
  • ボディ色設定・・・パートに所属するボディの色を変更します。
  • ボディ透過設定・・・パートに所属するボディの透過を変更します。
  • 子供を全展開・・・下の階層を展開し表示します。
  • 子供を1階層展開・・・下の階層を1階層のみ全て展開します。
  • 子供を2階層展開・・・下の階層を2階層目まで全て展開します。
  • 子供を全格納・・・下の階層を格納します。
  • 名称変更・・・名称変更コマンドを実行します。
  • 表示アイコン・・・表示アイコンの有無を切り替えます。
  • 選択ロックアイコン・・・選択ロックアイコンの有無を切り替えます。
  • プロパティ・・・指定した要素のプロパティを表示します。
XY/YZ/XZ PLANE

ダブルクリックすることで、指定の平面に視点を移動します。

グループ
  • ファイル出力・・・選択したファイルを書き出します。
  • ボディ一括保存・・・所属するボディを全て個別のパートファイルとして保存します。
  • 作業平面-追加・・・選択したグループに作業平面を追加します。
  • 作業平面-設定・・・選択したグループのアクティブな作業平面を編集します。
  • グループ表示設定・・・グループに対して表示設定コマンドを実行します。
  • ボディ全表示・・・すべての子の要素を表示します。
  • ボディ全非表示・・・すべての子の要素を非表示にします。
  • 他グループボディ全表示・・・指定したグループ以外の要素を表示します。
  • 他グループボディ全非表示・・・指定したグループ以外の要素を非表示にします。
  • ボディ色設定・・・グループに所属するボディの色を変更します。
  • ボディ透過設定・・・グループに所属するボディの透過を変更します。
  • 子供を全展開・・・下の階層を展開し表示します。
  • 子供を全格納・・・下の階層を格納します。
  • 名前の変更・・・選択したグループの名前を変更します。
  • 削除・・・選択したグループと、グループの中身を削除します。
  • プロパティ・・・指定した要素のプロパティを表示します。
作業平面
  • アクティブ化・・・指定の作業平面をアクティブにします。
  • 名前の変更・・・ツリー上の表示名を変更します。
  • ジャイロ移動・・・原点にジャイロを表示させ、移動します。
  • 姿勢変更・・・作業平面の姿勢変更コマンドを実行します。
  • 編集・・・作業平面の編集コマンドを実行します。
  • 削除・・・選択した作業平面を削除します。
  • アクティブグループにコピー・・・アクティブグループに作業平面をコピーします。
  • 断面表示・・・指定した作業平面の位置で断面表示を実行します。
ボディ
  • 移動・・・ジャイロを使用し、ボディを移動します。
    ジャイロについて
  • ポリゴン設定・・・ポリゴン設定コマンドを実行します。
  • 名前の変更・・・ツリー上の名前を変更します。
  • 削除・・・形状を削除します。
  • ボディ表示設定・・・表示設定コマンドを実行します。
  • 表示・・・選択した形状を表示状態を切り替えます。
  • 親グループをアクティブ化・・・ボディが所属する親グループをアクティブ化します。
  • アクティブグループに移動・・・指定の形状をアクティブグループへ移動します。
  • アクティブグループに複写・・・指定の形状をアクティブグループへ複写します。
  • ツリー表示位置へ・・・選択したボディがツリーの一番上になるようにツリーをスクロールします。
  • プロパティ・・・指定した要素のプロパティを表示します。
表示切り替え

リボンの【表示】-【ツリー】より、ツリー自体の表示/非表示を切り替えることができます。