2Dワイヤ自動接合

2Dワイヤ自動接合

ワイヤ作図時の自動接合のON/OFFを切り替えます。

ONにしている場合、ワイヤ作図時に接した端点や交差した箇所を
自動的に接合し、1組のワイヤにします。

非表示になっている要素は接合の対象になりません。

円と連続線など、別々の機能で作成したワイヤも、接している部分は自動的に接合されるため
押出しに使用する断面を作成する場合や、トリミングする場合に便利です。

 

【例】

1.自動接合がOFFになっていることを確認します。

2.[モデリング]-[直線]コマンドを実行し、交差する直線を作成します。

3.1本選択し[編集]-[削除]コマンドを実行します。

4.自動接合をONにします。

5.同じく[モデリング]-[直線]コマンドにて交差する直線を作成します。

6.交差した内側の線を1本選択し、[編集]-[稜線の削除]コマンドを実行します。