製品アップデート

図脳CAD3D

 

改善項目

ファイル
編集 REDO コマンドを実行中に REDO を行うと、コマンドが中断されない不具合を修正しました。※ラバーが表示されたままになるなどの不都合が生じます。
ヘルプ About 詳細表示を行ったあとでダイアログを閉じると図脳CAD3Dのウィンドウが他のウィンドウの裏側に表示されてしまう不具合を修正しました。
アセンブリ
部品 配置 「鋼」「竹」「ポ」などがファイル名に含まれている場合、強制終了する不具合を修正しました。
部品 移動 ダイアログがメインウィンドウの裏に隠れてしまい操作ができなくなる不具合を修正しました。
表示
オプション クリッピング 新コマンド:指定領域内にだけ 3D オブジェクトを表示します。
モデリング
ワイヤ作成 円弧 始点/終点の接線方向を指定する指示モードを追加しました。
ワイヤ作成 長方形 アクティブ作業平面の中心点をダブルクリックするとダイナミック補助線が表示されなくなる不具合を修正しました。
ワイヤ作成 スパイラル 新コマンド:スパイラルワイヤボディを作成します。
ワイヤ作成 角度線 基準稜線を指示したとき、クリック点に近い端点を基準位置とするようにしました。
ワイヤ作成 垂線/接線 視点が作業平面に対して正面に無いとき、サーチが正しく行われない不具合を修正しました。
ワイヤ作成 3D円弧 新コマンド:作業平面の影響を受けない自由な姿勢の円弧ワイヤボディを作成します。
ワイヤ作成 正接円弧 新コマンド:稜線の端部に接円弧ワイヤボディを作成します。
ワイヤ作成 放物線 新コマンド:放物線ワイヤボディを作成します。
ワイヤ作成 双曲線 新コマンド:双曲線ワイヤボディを作成します。
ワイヤ作成 合成曲線 新コマンド:2つのワイヤボディをそれぞれ平行押出したサーフェスボディ同士の干渉線をワイヤボディとして抽出します。
ワイヤ作成 文字 設定したフォントが初期値に保存されない不具合を修正しました。
ワイヤ作成 文字 文字の高さを大きさの基準とするように仕様を変更しました。
ワイヤ作成 文字 プロポーショナルフォントで文字送りが正しく計算できていない不具合を修正しました。
ワイヤ作成 文字 テキストボックスの文字数を最大60文字まで拡張しました。
プリミティブ作成 正多面体 新コマンド:正多面体ソリッドボディを作成します。
押出 平行押出 ボデイに加えて面と稜線をプロファイルとして利用可能としました。
押出 平行押出 勾配角の正負の方向を変更しました。
押出 回転押出 ボデイに加えて面と稜線をプロファイルとして利用可能としました。
押出 スイープ ボデイに加えて面と稜線をプロファイルとして利用可能としました。
押出 スイープ ボディに加えて稜線を軌道として利用可能としました。
押出 ねじり押出 ボデイに加えて面と稜線をプロファイルとして利用可能としました。
集合演算 集合演算(積) ツールボディとターゲットボディの指示を可能としました。※従来のように、全ボディでの積とオプションで切り替えることが可能です。
フィーチャ エディットボックスのラベルが「直径1」「深さ1」となっていないので修正しました。
編集
ワイヤ編集 ワイヤ分解 範囲選択に対応しました。
ワイヤ編集 ワイヤ投影 プレビュー表示に対応しました。
ワイヤ編集 角丸め プレビュー表示に対応しました。
ワイヤ編集 面取り プレビュー表示に対応しました。
ワイヤ編集 接続 プレビュー表示に対応しました。
ワイヤ編集 オフセット サポートボディにソリッドボディの指示を可能としました。
ワイヤ編集 ワイヤ近似接合 ダイアログの「実行」ボタンで接合が実行されない不具合を修正しました。
ワイヤ編集 ブレンドワイヤ プレビューをマウスオーバー時ではなく、指示完了後に行うように仕様を変更しました。
ワイヤ編集 ブレンドワイヤ 指示稜線の逆の端部をターゲットに切り替えることを可能としました。
ワイヤ編集 ブレンドワイヤ リボンに表示されている名称が「ワイヤブレンド」でしたので修正しました。※コマンドの名称は以前「ブレンドワイヤ」に変更となっています。
ボディ編集 複写 複写先の点を指示後、複写先の指示を繰り返し行い、連続して複写するように仕様を変更しました。
ボディ編集 ミラー プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 回転 プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 位置合せ プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 分割 切断したとき、ボディの色がリセットされる場合があるので修正しました。
ボディ編集 分割 プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 面分割 プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 稜線分割 プレビュー表示に対応しました。
ボディ編集 軌道配列 プレビュー表示に対応しました。
サーフェス
NURBS NURBS 新コマンド:NURBSワイヤボディを作成します。
NURBS 制御点編集 新コマンド:NURBSの制御点を編集します。
NURBS リビルド 新コマンド:NURBSのパラメータを変更します。
NURBS 再作成 新コマンド:作成済みのNURBSの制御点を再利用し、NURBSワイヤボディを作成します。
NURBS バルジの調整 新コマンド:端部の接線/曲率を変更せずにNURBSの曲がり具合を調整します。
NURBS マッチング 新コマンド:2つの稜線間の連続性を変更します。また、接続されていない場合には端部を移動して接続します。
NURBS 曲率表示 新コマンド:稜線の曲率を画面に表示します。
NURBS トゥイーン 新コマンド:2本の稜線の特徴を併せ持つ中間形状ワイヤボディを作成します。
NURBS 連続性表示 新コマンド:2本の稜線の連続性を画面に表示します。
NURBS NURBS化 新コマンド:曲線をNURBSに変換します。
サーフェス 面の内挿 面の通過点/通過稜線の指示機能を追加しました。通過点や通過稜線を通過する凹凸のある面を作成可能になります。
サーフェス ブレンド面 プレビュー表示に対応しました。
サーフェス 軌道スキニング 元形状を残すオプションを追加しました。
サーフェス 軌道スキニング 断面/軌道の順序変更や削除を可能としました。
サーフェス 軌道スキニング 断面/軌道の端部がサーフェスだった場合、連続性を設定可能としました。
サーフェス 面のマッチング 新コマンド:2つの面間の連続性を変更します。また、接続されていない場合には端部を移動して接続します。
サーフェス 面の置換 プレビュー表示に対応しました。
サーフェス 面の近似接合 ダイアログの「了解」ボタンで接合が実行できない不具合を修正しました。
フィレット面 面線フィレット プレビュー表示に対応しました。
フィレット面 線線フィレット プレビュー表示に対応しました。
フィレット面 線線フィレット 候補が複数存在する場合、切り替えを可能としました。
フィレット面 三線フィレット プレビュー表示に対応しました。
フィレット面 三線フィレット 候補が複数存在する場合、切り替えを可能としました。
図面
図面 投影ボックス 非表示のアセンブリ/パート/グループを対象外とするようにしました。
図面 投影ボックス 投影ボックスを表示すると強制終了する場合があるので修正しました。
図面 投影図作成 非表示のアセンブリ/パート/グループを対象外とするようにしました。
図面 投影図作成 投影図を出力すると、強制終了する場合があるので修正しました。
図面 断面図作成 非表示のアセンブリ/パート/グループを対象外とするようにしました。
図面 断面図作成 断面図を出力すると、強制終了する場合があるので修正しました。
図面 投影/断面図配置 断面図を配置する場合にもグループ名が「投影図」となる不具合を修正しました。
図面 図脳RAPID/PROへ送る 図脳RAPID/PRO20との連携を可能としました。※複数インストールしている環境では、より新しいバージョンが優先されます。
計測
計測 オープンエッジ ワイヤボディの端部も表示するようにしました。
計測 オープンエッジ 結果の表示色を選択可能としました。
計測 オープンエッジ 該当形状を拡大表示する機能を追加しました。
計測 距離 アクティブグループがない場合に計測したとき「アクティブ部品が設定されていません」と結果に表示されている不具合を修正しました。
計測 サイズ バウンディングボックスの色が白色だったので灰色に変更しました。
計測 サイズ 結果を表示する前に不要なメッセージボックスが表示されていた不具合を修正しました。
計測 要素間距離計測 アクティブグループがない場合に計測したとき「アクティブ部品が設定されていません」と結果に表示されている不具合を修正しました。
計測 ボディ間距離計測 アクティブグループがない場合に計測したとき「アクティブ部品が設定されていません」と結果に表示されている不具合を修正しました。
計測 質量 前回設定した密度の値を保持するようにしました。
計測 質量 材料選択ダイアログの大きさを変更すると、編集ボタンの位置がずれてしまう不具合を修正しました。
計測 質量 Excelがインストールされていない場合、編集ボタンを押すと強制終了する不具合を修正しました。
その他
形状のコピペ ボディ名称 ボディ名称が「body_数字」だった場合、グループの状態に合わせて番号を振り直すようにしました。
サーチ サーチ/選択の分離 サーチのフィルタが選択対象に影響を与えないようにしました。※以前は稜線の選択を行う際、稜線サーチがオフの場合には稜線が選択不可能でした。
メインウィンドウ サイズ変更 極端にウィンドウサイズが小さくなる現象を防止するため、320×240をリサイズの下限としました。
ダイアログ 位置 マルチモニタ環境でサブモニタにダイアログ位置が保存されたあと、メインモニタだけにするとダイアログ位置が画面外になってしまう不具合を修正しました。
頂点 強調表示 デフォルトで頂点の強調表示が行われるように初期値を変更しました。
頂点 サイズ変更 頂点の強調表示を行った際の頂点サイズを調整しました。
ダイナミック補助線 永続化 ダイナミック補助線を永続化することを可能としました。
ジャイロ 拡大縮小 ボディをダブルクリックして呼び出したジャイロで、拡大縮小を可能としました。右クリックの「拡大縮小」を選択すると拡大縮小モードの操作となります。
モデルツリー
グループ ファイル出力 STL出力したとき、画面のポリゴン状態が反映されていない不具合を修正しました。
ボディ アクティブグループに移動 ボディ名称が「body_数字」だった場合、グループの状態に合わせて番号を振り直すようにしました。
ボディ アクティブグループに複写 ボディ名称が「body_数字」だった場合、グループの状態に合わせて番号を振り直すようにしました。
作業平面 アクティブグループに複写 アクティブグループに作業平面をコピーします。